白髪の主な原因といえば、喫煙、アルコールの摂りすぎ、睡眠不足、栄養バランスの偏った食事・・・
ご自分の生活を振り返ってみて、これらのうちどれかが顕著だと分かっていれば、白髪の予防は簡単です。
他の原因も考えられるかもしれませんが、一生懸命ノンシリコンシャンプーでケアしてみたところで、まずは上記の重大な原因を改善しなくては予防も予防になりません。

上記のような不規則な生活習慣は、白髪だけでなく抜け毛や薄毛の原因にもなります。
白髪も気になるし抜け毛も増えてきた気がする・・・なんて方は、髪全体や頭皮そのものの状態が悪化している可能性があります。
それが警告として現れているのだと考えなくてはなりません。

白髪や抜け毛や薄毛。
不規則な生活が何故こうも髪にばかり影響するのかというと、髪というのはそれだけ体調の影響を受けやすいものだからです。
生活習慣に限らず、ちょっとしたストレスでさえ髪は顕著に変化します。
自分ではその変化が分かり辛いかもしれませんが、美容師など髪のプロから見れば一目瞭然なのだとか。

もし体調の変化が白髪や抜け毛となって現れるほどとなると、それ以上放っておくのは危険と考えるべきでしょう。
白髪予防すると同時に対策も練り、抜け毛や薄毛の予防・対策も考慮しなくてはなりません。
白髪や抜け毛に無頓着な人でも要注意。
これらの変化は体調の悪化を表しているのですから、何よりも体調の改善に気を遣う必要があります。

女性の一大イベントである妊娠出産。
自分の体の中に新たな命というのはうれしいことですが、命を育てるというのだけあってそれだけ母体にかかる負担というのは大きいものです。
そのため、妊娠や出産によって白髪が増えるということもあるのです。

妊娠中というのはお腹の中の赤ちゃんに栄養を最優先で渡されます。
赤ちゃんの誕生までは10か月という期間ですが、その10か月という時間におおよそ3キロまで成長するというのは、それだけ大量の栄養を必要とすることがわかると思います。
そのため母体の栄養が不足がちになってしまい、肌あれや白髪が増えたりという方がいるようです。

また出産した後も、赤ちゃんに母乳を与えることになると思いますが、その母乳を作るっためにも多くの栄養が必要となります。
そして生まれたての赤ちゃんというのは、昼夜関係なく寝たり起きたりを繰り返すので生活時間も不規則になりやすく、母親は寝不足やストレスがたまりやすくなってしまいます。
こうしたことが原因で白髪が増えてしまうこともあるので注意が必要です。

育児中というのはとても大変だと思いますが、毎日しっかりと食事をとるようにして、家族の助けなども借りながら、一人で負担を背負わないようにしたいですね。
特に母親のげんきがないと、赤ちゃんにもそれが伝わってしまいます。栄養不足は女性の薄毛にもつながってしまうこともあるので気をつけたいですよね。白髪予防のためにも、妊娠中、育児中には赤ちゃんだけでなく、母親の栄養もしっかりとることが大切です。

年齢を重ねると白髪が出てきてしまいますよね。
中には、20代から白髪が出てきてしまう方もいらっしゃいます。
20代や30代などに生えてくる白髪は、若白髪と呼ばれています。
若い時に白髪が出来てしまうと、やはりどうしても気になりますよね。
何とかこの白髪を予防したいと思っている方もいるでしょう。

白髪を予防したいと思っている方に質問です。
あなたは、タバコを吸っていますか?

白髪を予防したいのであれば、まずはこのタバコを吸うのを止めましょう。
タバコは白髪の原因になるってご存知ですか?

タバコは、皆さんがご存知のように健康を損い”百害あって一利なし”と言われています。
タバコを吸うと、毛細血管を収縮してしまい体全体へ届く血液の巡りが悪くなってしまいます。
もちろん、頭皮の血液の流れも悪くなってしまい髪に必要である栄養が届かなくなってしまうのです。

そして、コーヒー好きな方も要注意です。
コーヒーに含まれるカフェイン。
このカフェインは、血管を収縮してしまい髪の成長に必要な栄養素を蓄える事が出来なくなってしまいます。
白髪予防をしたいのであれば、コーヒーを飲むのを控えると良いでしょう。

その他には刺激物となる辛い物も同じです。
辛い物を食べると、交換神経が刺激を受けてしまい血管が収縮してしまいます。
白髪予防には、なるべく辛い物は食べないように気をつけましょう。

日課のようになっているタバコや何気なく食べている食品が、白髪の原因になっているかもしれません。
白髪予防が出来るのであれば、まずは改善したり食べないように気をつける事が大事ですよ。

気がついたら、髪に白髪が1本。そして2本…。3本。
白髪がだんだん増えてこないうちに、早速白髪予防をしておきましょう。
白髪予防をしておく事で、白髪が生えてくるサイクルを遅くする事が出来ます。
すでに出来てしまった白髪は、黒くする事は出来ません。
これ以上白髪を増やさない為にもまずは白髪予防!予防が大事ですよ。

まずは、白髪を予防する前に白髪が出来てしまった原因から知っておきましょう。
白髪になる原因として考えられるのが、まずは遺伝や年齢です。
みなさんがご存知のように年齢を重ねると、白髪が出てきてしまいます。
年齢を重ねると、髪の色を決めるメラニン色素を作る酸化酵素(チロシナーゼ)の働きが鈍くなってしまいます。
そして、メラニン色素が減少してしまう事で白髪になってしまうのです。

また病気(胃腸や甲状腺疾患)が原因で白髪になる事も多いです。
貧血症や尋常性白斑や円形脱毛症などの病気も白髪の原因になります。
顔と頭が繋がっているように頭皮も肌の一部であり、生活環境が乱れていたり食生活が乱れていたり強いストレスを抱えていると白髪になりやすいです。
そして、女性の方に多いのが過激なダイエットをする事で白髪の原因になるとも言われています。

生活習慣や食生活の乱れが白髪の原因になるのであれば、まずはそれを正す事から始めましょう。
規則正しい生活に戻し、栄養が整った食事を取るようにしましょう。
そうする事で、白髪を予防する事が出来るのですからね。

黒髪の中にある白い髪。
年齢と共に発見してしまう白髪。白髪はとても気になりますよね。
この白髪は、人により違い白髪の量や出てくる年齢なども違ってきます。
高齢になっても白髪がほとんど無い方もいらっしゃれば、逆に髪のほとんど白髪だという方もいらっしゃるでしょう。
女性であれば、この白髪を隠す為に白髪染めやヘアカラーなどをされている方が多くいらっしゃいます。
また、若い30代から白髪で悩み白髪染めをされている方も中にはいるでしょう。

白髪の原因になるのは、年齢によるものや生活習慣などが考えらます。
生活習慣が悪かったり、食生活が乱れていると白髪になりやすい環境だと言えます。
白髪を増やさずに白髪を予防する為にも、生活環境や食生活の見直しをされてみると良いでしょう。

また、白髪は抜くと増えるから白髪の予防には良くないなどと言いますよね。
ですが、これは何の根拠もない話だそうです。
ここで注意です!だからと言って、白髪を抜いて良い!って思わないで下さいね。
白髪を抜いてしまうと、毛根から無理に髪を抜く事になるので傷をつけてしまいます。
毛根が痛めてしまうと、白髪予防どころかそこから髪が生えてこれなくなる可能性があります。
白髪予防や薄毛の予防に、白髪は抜かないようにしましょう。

出来てしまった白髪を黒い髪に戻す事は難しいですが、白髪を予防してこれ以上増やさないようにする事は可能です。
あなたも白髪予防をして、いつまでも若々しい黒い髪をキープしておきたいと思いませんか?

Copyright © 白髪の予防には何がイイ? All Rights Reserved.